ナイトアイボーテの成分って?高いのには理由があった!

普段、成分なんて気にしない私です。
でもナイトアイボーテの成分はとても気になりました。

これまで私が使っていたアイプチ系のアイテムはどれも1000円未満で手に入るのに比べ、
ナイトアイボーテって3~5倍くらいの値段なんですよね。(←購入場所によって値段が変わる)

一体ナイトアイボーテにはどんなものが入ってるんだろう….。そんな高級な成分が入っているんだろうか。と
あまりにも興味が湧くいてしまいました(笑)


↑↑ナイトアイボーテの成分はご覧の通り↑↑

配合量の多い順に書かれているので、
「エタノール」はアルコールのこと、「水」は知っている通りですよね^^

「(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー」
という長い成分名。()が先かっΣ(・□・;)と突っ込みたくなるほど長い。

()内の成分の意味が素人の私ではわからず…( ノД`)シクシク…)
簡単に言うと、接着成分なんだそうです。コポリマーと言っても種類がいろいろあるようなのですが、

低価格なアイプチの接着成分はゴムラテックスといわれる成分が使われています。
ゴムにアレルギーや反応を起こす人が多く、ゴムラテックスの代わりにコポリマーを使うアイプチもあるようですが、
比較的お値段が高めの値段設定になっているようです。

↓こちらは検索したままを参考にしました↓
「BG」植物由来と石油由来のものがある。保湿効果、防腐効果もあり。
「DPG」保湿目的に多く用いられている。
「グリセリン」天然の皮膚成分のひとつ

続いてはナイトアイボーテの特徴の1つでもある美容成分についていきます。
美容成分については、ナイトアイボーテの販売ページにも書いていますのでおさらい程度に書いていきたいと思います。

ボタンエキス→肌荒れ・保湿・清肌・引き締め
フユボダイジュ花エキス→整肌・清肌・収れん
アルニカ葉エキス→整肌・清肌・保湿・引き締め・トラブル予防

この3つの美容成分は、朝の起床時のむくみにも◎

アルテア根エキス→高い保湿・刺激を和らげる・肌を柔らかくする
サクラ葉エキス→不安定な肌対策・肌荒れ・かゆみや乾燥予防

続いてこちらの2つの成分はかぶれや負担を軽減が期待できる◎

まぶたや目の周り全体に塗るわけじゃなく、クセをつけたいところのみに
塗るのでナイトアイボーテに美容成分って必要?と感じたことがあります。

でもナイトアイボーテの成分を見直すことで、長時間の接着による刺激を和らげる作用だったり、
まぶたの厚さは、二重のなりやすさ、なりにくさを左右されるいう意見もある中で、
肌を柔らかくする作用は需要で、

またむくみ予防のために配合されている成分、どれを見ても
「本物の二重」を手に入れるために必要な組み合わせだと感じます。
成分を見直してみて、むくみや肌トラブルにはやはり注意しなくてはいけないとも感じました!

これからナイトアイボーテを使ってみようと思っている方も参考にして、
1日でも早く本物の二重になれたらいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする